名簿の相場は?同窓会名簿の買い取り査定を比較します

名簿査定の流れは?査定をするなら複数業者の比較は必須

名簿査定の流れは?査定をするなら複数業者の比較は必須

そもそもどんな名簿を買い取ってもらえるのか

名簿といってもさまざまな種類があります。買取の対象になる名簿は非常に幅広く、小・中学校から高校・高専・専門学校・大学の同窓会名簿を始めとした学校関係、退職者リスト、顧客名簿などがあります。個人だけでなく法人のリストも買取の対象です。

いずれの名簿であっても氏名や電話番号の他に、住所の記載があればそれだけで価値が高くなります。ビジネスで利用する会社も多く、DM送付の際には住所が必要になります。件数が多いほど見積もり価格も上がるため、まとめて査定するのがおすすめです。

さまざまな査定方法を検討する

名簿の査定の際には、査定方法も気を付ける必要があります。その場で査定してくれる業者もあれば、買取価格の提示に数日かかる業者もあります。さらには買取の出張サービスを行っている業者もあります。

同窓会名簿などを査定に出す場合は査定方法にも種類があることを考え、一番適切な査定方法を選びましょう。無料での見積もりを実施している名簿買取業者もあるため、インターネットで事前に調べておくと、査定までスムーズに行えます。

複数の名簿買取業者を比較する

同窓会名簿の買取相場を知りたい場合、いくつかの業者に依頼することが大切です。買取業者によっては買取価格が非常に安いこともあります。良心的な業者であれば買取金額の基本料金をホームページに記載しているので、安心して利用できます。

名簿はどれだけの情報が記載されているかによって単価に10~20円前後の違いがあり、利用目的によっても価値が変わります。まずはいくつかの名簿買取業者を比較し、それぞれに名簿査定を依頼して名簿相場を計ることが大切です。

PAGE TOP